「住まいは夏を旨とすべし」

「冬の寒さは着る服で調整したり暖の取れるところに行けば良いが、夏は衣装だけの調整は難しく風通しの良い家にしないと我慢できない」という意味で昔の家はほとんどこの考え方を元に建築されていたのです。

私自身も今から四十年数前は茅葺の家だったために、まさしくこのことわざ通りの家でした。

その後も先代から教えられた通り、昔ながらの伝統工法で家を建ててきました。

まさに「夏は涼しいけど、冬は寒い」家でした。

しかし、その後の気候変動によりこの辺りでも、冬の寒さはやわらぎずいぶん温かい日が多くなりました。

しかし逆に夏は、暑さを通り越して命も奪ってしまうほどの高温の日々が日常的に続くようになりました。もはや夏の昼間は窓を開けて過ごす事は難しくなってきていると思います。

つれづれ草のこの一文

今は、文明の力による空調管理で快適

こんな言葉、昔のことだといえるのでしょうか

私は、逆に空調管理が無いと過ごせなくなっています。

やはり、現代でも昼間は無理でも夕方から外気の温度の低下し窓を開けたときにさっと涼しい風がさっと入ってくるのは気持ちが良いものです。

実は性能の良い家は、基本的には空調頼みの家が多いです。

意見の分かれるところですが温度調整のことだけで見たときにこの窓を開ける動作といった何気ない動作でかなえる家が多いのも事実だと思います。

今ここで、環境のことも考えて振り返った時にこの言葉は、今も通用するのではと思います。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、土壁の話をします。

歴史的には古くは飛鳥時代までさかのぼるほどの歴史を持つ仕様

まさしく、日本の風土にしっかり適合してきたからこそ使われてきたものだと思います。

具体的に何が良いの

また、何が良くないの

土壁のメリット・デメリット

 

  • メリット

・調湿性が高い。(湿気をコントロールしてくれる)

・蓄熱性が良い(日中の暖かい温度を蓄える)

・脱臭効果(匂い、化学物質の吸着)

・癒し効果(肌に感じる清涼感、落ち着き)

・再生可能な資源であること

 

  • デメリット

・断熱、気密性が悪い

・断熱をしないと暑い、寒い

・土の乾燥期間があるため工期がかかる

 

歴史が長く良いものなのに現代では、本当に少数派となりました。

これはまさしく、風土に合っていても時代に合っていなくては使われないということでしょう。

私は、この少数派の一人でこの土壁が好きです。

今後、ますます住宅の規格が高度となりますます肩身の狭い仕様ですが、私はそこをクリアーしてずっと使ってゆきたいと思います。

 

そこで

土壁の良さを活かし、欠点を克服する工法

 

『土』本来の特性である「調湿性、蓄熱性、消臭性」などを活かしながら欠点である『断熱、気密性が悪い』を補ったのが土壁外断熱という工法です。

まず、土壁の外側に断熱材を張って通気層を設け、現代の仕上げによるもの。

この断熱材と外壁の間には空気が入る通気層が設けてあり断熱材により遮られた熱気は内部へ達することなく、屋根の頭頂部より外部へ排出する仕組みになっています。土壁に断熱材と通気工法を組み合わせることで土壁の欠点である断熱性と気密性を補い、そして土壁のメリットである蓄熱性と調湿性を利用し、冬暖かく夏涼しい住宅が実現できます。

伝統素材の土壁と現代の断熱材が融和した環境省エネの断熱工法です。

機械や設備に頼り過ぎず、自然とうまく付き合う工法

室内を快適な環境で過ごしたい、これは誰しも望むことです。

しかし、快適さを追求するばかりにあらゆる機械や設備を駆使することは機械の故障や建物の複雑化、そしてコストが高くなることがあるので決してよい方法とは考えておりません。

自然にあるもの、先人からのさまざまな知恵を存分に活かした上で補えないところを新しい技術でカバーしていく。

そのような考え方から生まれたのが構造的にもシンプルな環境省エネ土壁外断熱工法です。

土壁外断熱工法においても効果を発揮するために重要なのが平面計画と換気計画です。

いかにして冬の太陽を室内に取り込み、夏の太陽を遮断するか、いかにして外気の温度差を利用して換気、温度調節、通風を図るかなど建物全体の計画をしっかりした上で吹き抜けや階段室などをうまく取り入れてやることが重要となります。

素朴な風合いや吸湿・蓄熱性を損なうことなく、断熱性も向上する。

つまり、機械換気に頼らなくても室内を適度な温熱・湿度環境に保つ事が出来る工法なのです。

 

 

 

TOP