カテゴリー: お役たち情報

ガスとIHで料理の味は違うの?

今日は二十四節気の立冬

「立」には新しい季節になるという意味があり、立春立夏立秋と並んで季節の大きな節目。

いよいよ冬なんだと感じる節気だと思います。

そして、この時期になると料理も食欲の秋の延長で鍋物が食べたくなる時期でもあります。

さて、我が家は、もう20年ほど前からオール電化に伴いIHのコンロを使って調理をしています。

我が家のIHの感想は

メリット

  • 調理機本体の掃除のしやすさと共に周囲も汚さない等、何といっても手入れが楽。
  • お湯を沸かすスピードが大変に早い。
  • 火が見えないから安心。
  • 家電がゆえに機能満載でしかも進化がすごい。
  • グリルでの調理の時にガスに比べてからっと焼きあがる感じがする。(ガスには水分がある?)
  • 何といってもオール電化だから電気代が安い。(間接メリット)

デメリット

  • 揚げ物の温度が低いような感じで勢いが弱い気がする。
  • 鍋の底面に熱が集中するために焦げやすい。
  • ガスコンロに比べると高価でその割に寿命が短いように感じる。(家電の宿命)
  • ランニングコストが都市ガスに比べると高価らしい。
  • 電磁波の問題が当初はガスメーカーからよく言われてどうなんだろうと思う。

いずれも主観であり評価は限定的ですが、

言えることは決定的に欠点が無いのも大きな特徴だと思います。

先日もリフォーム工事でキッチンのガスコンロからIHに交換されたお客様から

「なんだか、ガスの方が火力が強いような気がします」との事、

でも、すかさず

「でも、火が見えないから安心です」とこの話は完結しました。

このガスとIHのどちらをの話は、ネット上でも多くの方が情報を発信されています。

参考資料中村美紀さんのブログ

料理の味の話ですが、私が思うに

2つを並べれば、ガスに軍配が上がるのかな?

どちらを選べとしたら

料理にこだわる方はガスがお勧めだと思います。

料理はそこそこでいいやと思う方はIHかな。

ただし。高齢者の方には、安全面を考慮して私はIHをお勧めしております。

そして、もう一つ大事なのは、IHを使うにあたり

その上にのせる鍋やフライパンが大きく影響する事をお伝えします。

ここをけちるとIHはダメと思うかもしれません。

ガスとIH どちらが良いのと言われても中々甲乙を付けがたいと思います。

いま買替のタイミングであれば、

最後はどちらのファンかだと思います。

秋の夜長 照明計画の重要性

2020年10月23日

今日は二十四節気の霜降

霜の降り始める頃の意味だそうで本格的に冬の準備は始まる時期だと思います。

10月の1ヵ月予報は気温が平年より高いと言われていました。

確かに暑い日もあったのですが、最近は朝晩はヒンヤリする日も目立つようになりました。

日も短くなり照明をつける時間が長くなった気がします。

このころからは特に照明のあり難さを感じる時期でもあります。

昼間の時間を見ると、この地方では日の出は6:09 日の入りは17:04(昼間の時間:10:55)

一番日の長い夏至の時で 日の出は4:42 日の入りは19:06(昼間の時間:14:23)

昼間の時間が1時間以上短くなり、まさしく秋の夜長に突入した感じです。

やはりお日さまの出ている時間が短いのだから、当然温度も下がるのだなと思う。

さて、照明の話にもどしましょう。

高度成長期が終了してその後の様々な成長のスピードが鈍化する中で

大きく成長を遂げた照明器具があります。

それはLED照明

この照明器具の復旧はまさしく大きな転機であり様々な分野での影響がありました。

住宅の分野でも特に照明計画に明らかな変化があったと思います。

簡単にLEDの特徴を見てみると

 1.発光ダイオードと呼ばれ、電圧を加えると光を発する

 2.単独で赤、黄、桃、青、緑、白の各色を発光が可能

 3.発光させ続けても低温で発光効率が低下せず衝撃・振動に強い

 4.調色・調光・点滅が自在、防水構造までもそなえる

 5.ほとんどの照明器具が約40,000時間という長寿命

そして発売当時はデメリットとされていた高価であったことも

現在では家電屋さんに行ってLED以外の照明を探すのが難しいほど

ポピュラーになり値段も手ごろになりました。

そのた、熱に対する課題はあるものの特別なこだわりを持た無ければ

ほぼLEDを避ける理由が無いと思います。

この恩恵を受けるのがまさしく照明計画だと思います。

 1.部屋の用途や使う人の目的

 2.照明本体のデザイン楽しんだり(直接照明)

 3.照明器具を見せずにその明かりだけを楽しんだり(間接照明)

照らし方による演出の仕方も大きく広がり

様々なシチュエーションに照らし合わせて設計が出来ます。

今後もますます高度な照明計画が要求されるのでは無いかと思います。

過去を振り返ると部屋の広さに合わせて照明器具の大きさや数を決めいていた頃

けっこう気楽に考えて、それ程おおきな失敗も無かったような気がします?

そうした照明計画も良いのだろうけど、

やはりこの大きな利点を生かしてより快適により楽しく

秋の夜長を過ごしていただく事は大切なことだと思います。

エヤコンのいらない季節

2020年10月8日

いよいよ10月

暦の上では、10月8日は寒露

草木の葉についた露が「霜になりそうな冷たい露」だそうだ。

ところが、この辺りではとても秋とは思えぬ暑さ

まさに「名ばかりの秋」 

それでも、日も短くなり朝などはヒンヤリと感じるようになりました。

一日の温度差(日較差)も大きく服装の調節も難しい時期でもあります。

ただし乾いた暑さにエヤコンまではと思うのもこの時期

この時期は年間で一番エヤコンを使わない時期ではないでしょうか。(主観?)

これは実際にデータでも示されています。

参考資料家庭用エアコン国内出荷実績 ※資料:日本冷凍空調工業会HP

年間で一番販売台数が少ないのが10月

見方を変えれば、一番いらない季節だだと思います。

メーカーはこの時期までに新型の販売の準備を済ませ年末商戦に挑むのでしょうか?

うまく行けば、一番お値打ちに購入できるかもと思います。

でもこのエヤコンの要らない感は、すべての住宅にはあてはまら無いかもしれません。

地域に合った性能を維持しながら必要な時には

外部の自然の恵みを取入れるパッシブ住宅であることが必須だと思います。

地域の風土を考えずに性能だけを追求してしまうと体感(実感)できないことかもしれませんね!