子育て世代の家づくりのポイントは?

小さいお子様や成長期のお子様がいると、家づくりをするにあたって「子育てのしやすさ」も重要なポイントとなりますよね。またこれからお子様が生まれるという場合でも、今後のことを考えた上で家づくりをしたいですよね。デザイン性や機能はもちろんですが、成長に合わせた家づくりをできたら素敵です。子育てと家の関係性、子供の成長過程、子育てしやすい家にするためのポイントをご紹介します。

子供が安心・安全に過ごせる

子育て世代にとって子どもが健康に育ってくれることが一番大事なことになるでしょう。家づくりにおいても、災害に強く安心して暮らしていける住まいを心掛けると思います。それに加えて、シックハウス症候群を心配する方もいらっしゃるでしょう。自然素材を取り入れる家づくりは子育て世代にとって健康面で住まいをより安心なものにしてくれるでしょうし、無垢材や土壁といった素材は子どもの感性にも良い影響を与えてくれると思います。

子育てママにとっては、ストレスを貯めないことも大事!

生活動線 お子様が小さいとなかなか家事が進まないもの、生活や家事の動線を良くすることも「子育てしやすい家」のポイント。少しでも家事を効率良く進められるように、水回りを近くにまとめたり洗濯動線を意識したりしてみてはいかがでしょうか。

収納 おもちゃや服、勉強道具など、お子様の年齢やいくつであっても「片付け」と無縁になることはありません。小さいうちはおもちゃ、自分で着替えるようになると服、小学生になると勉強道具、自分で片付けられる習慣を身に付けてほしいですよね。片付ける場所が分かりにくいのにきれいに片付けろというのは難しい話。親が干渉しすぎずに片付けがうまくなるためには、片付けやすい収納を作っておくことが大切です。

親子のコミュニケーションの時間

お子様が小さいうちは、遊んでいる様子を見守りやすい空間があるとお互いに安心感がありますよね。小学生になると勉強している様子を見られたり、中学生以降になると帰宅後に顔を合わせる時間が大切だったりします。成長に合わせて必要なコミュニケーションを取りやすいような家にすることをおすすめします。

家族構成の変化に対応

家を建てる際には、子供が巣立ったあとのことも考えておくようにしましょう。子供がいるとできるだけ広い家に住みたいと思うこともあるかもしれませんが、子供が巣立って夫婦だけにしては広すぎて維持や掃除が大変だという話もよく耳にします。子供部屋として使っていた部屋の活用方法なども考えながら間取りを決めるようにしましょう

最後に(まとめ)

お子様がいると家づくりと子育てを切り離して考えることはできませんよね。子育てしやすい家づくりをするためのポイントをご紹介してきました。
次回は、さらに具合的な子育てに世代にふさわしいプランのお話をしたいと思います。

よりしければ、家づくりの参考にしてください。

関連記事

仕様について

お金について

メンテナンスについて

お役立ち情報

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

アーカイブ

検索

最近の記事 コラム
  1. 梅干しが大量?

  2. 結婚記念日でした。

  3. 子育て世代の家づくりのポイントは?

  1. 登録されている記事はございません。
TOP
TOP